住宅ももっと個性を出していくべき

新しい住宅について思うこと

住宅ももっと個性を出していくべき 住宅が新しくてきれいであることは、誰にとってもうれしいでしょう。それが自分の家になって、これから新しい生活が始まる場所となるなら、もっとうれしいのは間違いありません。少し前まで不景気不景気と言われて、やれ失業率が高いの、就職難だのと言われるのが当たり前だったのに、今年に入って政権が交代すると少し明るい雰囲気が生まれてきました。政治には期待していなかっただけに、これはちょっとした驚きです。いえ、かなりの驚きと言ってもよいでしょう。その効果が出てきているのかな、と感じるのが、近頃古い家が壊されたその後に、新しい家が建ってきていることです。

自宅近くだけでも、すでに2軒新しい家が建って、まだ2軒が工事中です。その前にも新しい家が数軒建っていることを思うと、新築住宅を買おうと考える人が増えてきたということなのでしょう。それだけ景況感がよくなってきたともいえると思います。景気がよくなったと感じられないと、とてもではないけれど家なんて買おうと思えないからです。新築物件に入居者ができたことがわかるたびに、これからもこういう光景がどんどん見られたらいいな、と思います。街中から古い住宅が姿を消して、代わりに新しい家ができるのを見るのは、純粋に気分がいいからです。
Copyright (C)2022住宅ももっと個性を出していくべき.All rights reserved.