住宅ももっと個性を出していくべき

中古住宅の活用を考える

住宅ももっと個性を出していくべき 住宅の値段と言うのはいつの時代も安くないものです。大抵の人にとっては一生に一度の買い物になるし、だからこそ悩みも大きくなるわけですが、もしもっと住宅の購入が簡単に出来るなら人の移動も活発になるし、それは経済にとっていい影響があるでしょう。ところで実際に高いものをどうやって安くするのかと言うことですが、現代では住宅の供給が多すぎるように感じます。実際人が住んでいるマンションを外から見るとどうも人が住んでいないように思われる部屋がいくつもあるし、アパートや戸建の住宅でも同様に人が住んでいる様子がない物件はしばしば見かけます。

もしそうした物件をリフォームして新しく中古物件として売り出したり貸し出したりすれば、少なくとも新築を購入するよりははるかに安く住宅を購入できるのではないでしょうか。とりあえず地震に対する強度さえ確保してくれれば後は住んでいる人間が好きなようにするでしょうし、そうした動きが地元の経済を活発にすることにもつながるはずです。中古物件と言うのは日本ではどうも人気が今ひとつですが、外国では新築より価値が高くなる例もあるのだし、もったいないと言う精神から言ってももっと活用することを考えるべきでしょう。
Copyright (C)2022住宅ももっと個性を出していくべき.All rights reserved.